ポイントは立体感

少しでも小顔に見せたいと思う女性は多くいても、いきなり顔の大きさを変えることは難しいものです。
かといって、整形をするような勇気はないし、という人も多いのではないでしょうか。
そんなときには、メイクの仕方を変えることで、小顔に見せることが出来るのです。
小顔メイクのポイントは、輪郭の立体感です。

花05

 

まず、目をパッチリ見せることで、顔全体を見られるよりも、目の印象を強く残すことが出来るので、相対的に小顔に見せることが出来ます。
目をパッチリ見せるためには、下まぶたにもアイシャドウを乗せることです。
ダークカラーではなく、ハイライト系のカラーを乗せることで、目をパッチリ見せることが出来ます。
また、眉は自分で形や長さ、太さを調節することが出来るパーツです。
眉を描くときには、太すぎず、かといって細すぎないようにしましょう。
眉山はふんわり描き、眉尻はキリッとさせることや、ある程度はっきりと眉を描くことで子顔効果が期待できます。

 

 

また、口紅にもポイントがあります。
唇に立体感を出すことでパーツの印象が強く残るようにすることができるので、小顔効果があるのです。
口紅を塗るときには、唇の輪郭をペンシルなどでしっかり描くようにしましょう。
口角は上げ気味にすると、全体的に引き締まって見えます。

 

 

小顔メイクのポイントはパーツの立体感であるということを覚えておくと、メイクで小顔に見せることが出来るようになるのです。

Comments are closed.