似合うカラーの選び方

魅力的な顔は、リップメイクなしには完成しません。

 
口元のメイクは、顔の印象を大きく左右します。

 
しかし、「自分に似合うリップカラーが分からない」という人も少なくないでしょう。???? Vol.125 ?????????
自分にぴったりの色を見つけることで、より魅力的な口元になれるのです。
まず、色味選びには自分の肌色を認識することが大切です。
人の肌色は大きく分類して、2種類に分けられます。
黄味の強いイエローベースと、青味の強いブルーベースです。

 
一般的に、イエローベースの人は黄味が入っている色が似合い、ブルーベースの人は青味が入っている色が似合うと言われています。
自分がどの属性なのかを見分ける方法は、頬の色を見ればわかります。
イエローベースの人とは、頬の赤みがオレンジがかっていて、ブルーベースの人とはローズピンクの頬をしている人のことです。

 
一般的にイエローベースの人は、コーラルピンク系やオレンジ系、ベージュ系が似合います。
ブルーベースの人は、ローズ系・パステルピンク系が似合います。
自分のカラーをつけることのメリットは、色白に見えたり、透明感が出たり、顔全体がひきしまって見えることです。
反対に似合わない色をつけると、口元だけ浮いたメイクに見えたり、肌がくすんで疲れているような印象になったりします。
自分ぴったりのリップカラーを見つけ、より魅力的な口元を演出しましょう。

Comments are closed.